弁護士・弁理士紹介

阿部昭吾

経歴

1956年 一橋大学法学部卒業
1957年 司法研修所(第11期)
1959年 弁護士登録(第一東京弁護士会)、銀座法律事務所開設
(1991年 阿部・井窪・片山法律事務所に名称変更)
1975年-1978年 最高裁判所司法研修所教官
1980年 株式会社ウエダ製作所保全管理人
1985年-1987年 リッカー株式会社、リッカー不動産株式会社更生管財人
1991年-2001年 株式会社マルコー更生管財人
2000年 そごうグループ民事再生申立代理人

主な活動分野

弁護士開業以来、企業法務を中心に、倒産法、知的財産権法、金融法務等の民商法のみならず、刑事法の分野もてがけるなど幅広く活動をし、今日の阿部・井窪・片山法律事務所の基礎を築き上げてきた。

特に倒産法の分野においては、破綻した企業の再建を目指す会社更生において法律的側面のみならず、事業経営の実務面についても深く関与し、その経験・実績等をも加味して、近年は企業経営全般、コンプライアンス体制の確立、リストラクチャリング等、企業活動の根幹に関わる諸問題の相談に応ずることが多い。また大手都市銀行のスペシャル・カウンセルとして、コンプライアンスに関する助言・指導を行った実績をもつ。