弁護士・弁理士紹介

広瀬史乃

経歴

1989年 早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
1989年-1994年 日刊スポーツ新聞社野球部勤務
1998年 司法研修所(第52期)
2000年 弁護士登録(第一東京弁護士会)、 阿部・井窪・片山法律事務所入所
2006年 中国・北京対外経済貿易大学に留学
2008年-2010年 在中国日本国大使館に一等書記官として勤務
2010年 阿部・井窪・片山法律事務所勤務

所属団体等

  • 株式会社ジョイフル本田 社外監査役
  • 日本水産株式会社 社外監査役
  • 一般財団法人全日本野球協会 理事

主な活動分野

倒産法、知的財産法の分野を中心として、訴訟案件、各種契約実務に携わっている。そごうグループの海外店舗の売却・整理・清算等に携わり、その後も特に中国・台湾においては交渉や仲裁や訴訟等を通じ、クライアントの納得いく結果を導いている。2008年4月~2010年3月までの2年間は、外務省任期付公務員として在北京中国大使館に勤務し、様々な日本企業の進出、ビジネストラブル或いは撤退等の問題について、中国の現場から、そして政府の側から処理し解決した経験を生かし、できるかぎり具体的で実践的なアドバイスをするよう心がけている。日々、中国法を取り扱う業務を行っているが、近時は中国等における様々な経験を生かし、上場会社の非常勤監査役等も務める。