弁護士・弁理士紹介

片山英二

経歴

1973年 京都大学工学部卒業
1973年-1982年 藤沢薬品工業株式会社勤務
1982年 神戸大学法学部卒業、司法研修所(第36期)
1984年 弁護士登録(第一東京弁護士会)、銀座法律事務所入所
1988年-1990年 欧米留学・研修
ニューヨーク大学ロースクール、ウィンスロップ・スティムソン・パットナム&ロバーツ法律事務所(ニューヨーク)、クリフォード・チャンス法律事務所(パリ)、スタンブルック・フーパー法律事務所(ブリュッセル)、ブリストゥズ・クック・カープマエル法律事務所(ロンドン)、マックス・プランク研究所(ミュンヘン)
1989年 米国ニューヨーク州弁護士登録
1990年 帰国 銀座法律事務所勤務
2002年-2007年 東京大学先端科学技術研究センター・科学技術振興特任教授
2005年-2009年 早稲田大学大学院法務研究科非常勤講師
2005年-2009年 一橋大学大学院法学研究科非常勤講師
2007年- MIPLC(Munich Intellectual Property Law Center)教授

所属団体等

  • 日本国際知的財産保護協会 前会長
  • 日弁連知的財産センター 元委員長
  • 工業所有権法学会
  • 著作権法学会
  • AIPLA
  • 生化学工業(株) 社外取締役
  • 三菱UFJ信託銀行(株) 社外取締役監査等委員
  • (株)アカツキ 社外監査役

主な活動分野

知的財産権法と倒産法を中心として、渉外法務、会社法務全般の分野で活動している。これまでに関与した特許訴訟は、化学、電気、機械の各分野にわたり、バイオテクノロジー、半導体等の先端技術に係わる事件、世界各国にわたる国際事件にも数多く関与している。また、商標、著作権、不正競争防止法訴訟にも経験がある。

倒産法の分野では、日本航空、麻布建物、土浦開発の管財人、リッカー、マルコー、村本建設、法華クラブ等の管財人代理として会社更生事件に関与し、また、山一土地建物破産管財人として大規模な破産事件も扱った。日本リース、ライフ、第一ホテル、千代田生命、協栄生命の会社更生申立を行った。また、そごうグループの民事再生事件では海外部門を担当した。その他、日東興業、緑営グループをはじめとする多数のゴルフ場やメーカーの民事再生手続の申立代理人をつとめた。

会社法分野、渉外分野では、各種意見書の作成、M&Aなどの契約やその交渉を行い、また、経営法務の相談を受けている。医薬品産業に係わる法的問題にも詳しい。

生化学工業、三菱UFJ信託銀行等の企業において社外取締役、社外監査役を勤める。一方、多くの企業の顧問弁護士として、コーポレートガバナンス、コンプライアンスに関するアドバイスを行っている。

著書等

  • 「商標実務入門 ブランド戦略から権利行使まで」(監修)民事法研究会 2009年5月出版
  • 「新・裁判実務大系21 会社更生法・民事再生法」(「否認権行使」執筆担当)青林書院2004年11月出版
  • 「後発医薬品と試験・研究 膵臓疾患治療剤事件」別冊ジュリスト No.170 2004/2 特許判例百選 第3版
  • 「更生手続開始とライセンス契約」判例タイムズ1132(臨時増刊) 新会社更生法の理論と実務
  • 「バイオ特許訴訟の最近の動向」知財管理 Vol.52 No.1 2002
  • 「新・裁判実務体系4 知的財産関係訴訟法」(「並行輸入」執筆担当)青林書院 2001年12月出版