弁護士・弁理士紹介

黒田 薫

経歴

1996年 京都大学理学部化学系卒業
1998年 京都大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了
1998年 - 2000年 いおん特許事務所勤務
1998年 弁理士登録
2000年 阿部・井窪・片山法律事務所入所
2004年 - 2006年 慶應義塾大学大学院法務研究科
2006年 司法研修所(第60期)
2007年 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)、阿部・井窪・片山法律事務所勤務
2010年 - 2012年 海外研修
バージニア大学ロースクール卒業(法学修士号)、アメリカ合衆国連邦巡回区控訴裁判所(研修)、カークランド&エリス法律事務所(シカゴ)勤務
2011年 米国ニューヨーク州司法試験合格
2012年 米国ニューヨーク州弁護士登録、帰国
2012年 - 2014年 工業所有権審議会試験委員(弁理士試験委員・意匠法担当)
2014年 - 2016年 特許庁 意匠出願動向調査-マクロ調査-委員会委員
2015年 - 2016年 知的財産教育研究・専門職大学院協議会(JAUIP)実務家コース講師
2015年 - 2017年 東京大学大学院新領域創成科学研究科 非常勤講師
2015年 - 2017年 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 非常勤講師
2015年 - 工業所有権情報・研修館自主研修「意匠判例研究会」講師
2016年 - 工業所有権審議会試験委員(弁理士試験委員・意匠法担当)
2016年 - 神戸大学大学院法学研究科 非常勤講師
2016年 - 産業構造審議会知的財産分科会・意匠制度小委員会・意匠審査基準ワーキンググループ委員
2018年 - 弁理士会・特定侵害訴訟代理業務能力担保研修講師
2018年 - 産業構造審議会知的財産分科会・意匠制度小委員会委員
2018年 - 産業構造審議会知的財産分科会・特許制度小委員会委員
2019年 一橋大学大学院法学研究科 非常勤講師

所属団体等

  • 日本弁理士会
  • 日本国際知的財産保護協会(AIPPI)

主な活動分野

理学部で化学を専攻、修士課程で生物物理を学び、理学修士を取得した後、弁理士として、約8年間、有機化合物、医薬、各種組成物、合金、電子材料、機械、ビジネスモデルなどの技術分野について出願業務、異議申立、無効審判等に従事した。2007年に弁護士登録をした後は、主として、国内外の企業を代理して、幅広い技術分野における特許権侵害訴訟、無効審判、審決取消訴訟、職務発明関連訴訟等に従事している。理系のバックグラウンドと弁理士としての経験を最大限に活かし、複雑な技術の迅速かつ正確な理解、的確な攻撃防御方法の提案、緻密で読みやすい書面作成を得意とする。

知的財産法の全裁判例に目を通してリスト化することを日課としており、このリストをベースとした事務所主宰の定例知財判例研究会は好評を博している。また、一橋大学大学院、神戸大学大学院で知的財産法の講師を務める他、特許庁や顧問先企業において、判例勉強会の講師を務めている。

意匠制度に造詣が深く、2016年より意匠審査基準改訂に携わっている。2018年には、産業構造審議会知的財産分科会 意匠制度小委員会委員に就任し、意匠制度拡充に関する意匠法改正の議論に携わった。また、2018年に、同分科会特許制度小委員会委員に就任し、知財紛争処理システムの在り方に関する特許法改正に携わった。

その他、大規模な不正競争防止法関連訴訟、民事再生・破産管財事件、有価証券報告書虚偽記載事件(民集66巻5号1957頁)に携わった経験を有する。

著書等

  • 「特許事件に関する近時の米国連邦最高裁判例の傾向」(共著)知財管理Vol.69 No.1(2019年1月号)
  • 「抗体発明における機能的クレーム」ジュリストNo.1526(2018年12月号)
  • 「意匠判例研究会」特技懇291号(2018年11月号)(講師を務める「意匠判例研究会」についての紹介記事)
  • 「特集 切り拓く法曹」法学教室No.455(2018年8月号)
  • 「真正商品の並行輸入」ジュリストNo.1520(2018年6月号)
  • 「銀行機関の法務対策5000講〔V〕」(分担執筆)金融財政事情研究会(2018年2月)
  • 「〔連載〕医療従事者のギモンや困ったに答える!特許のキホン」月刊誌「薬局」Vol.68 No.1(2017年4, 6, 7, 11, 12月号)
  • 「先発医薬品の薬価下落に基づく損害賠償」ジュリストNo.1513(2017年12月号)
  • 「新・注解特許法〔上巻〕〔下巻〕(第2版)」(分担執筆)青林書院(2017年9月)
  • 「知財高裁平成29年1月20日判決平成28年(ネ)第10046号特許権侵害差止請求控訴事件(知財高裁特別部)」AIPPI Vol.62 No.8(2017年8月号)
  • 「商標実務入門 ブランド戦略から権利行使まで(第2版)」(分担執筆)民事法研究会(2016年11月)
  • 「文書提出命令の理論と実務(第2版)」(分担執筆)民事法研究会(2016年7月)
  • 「ウェブサイトを利用した場合の『譲渡等の申出』」ジュリストNo.1494(2016年6月号)
  • 「わたしの仕事、法つながり」法学セミナーNo.732(2016年1月号)
  • 「『同一の事実及び同一の証拠』の範囲」ジュリストNo.1488(2016年1月号)
  • 「偶然等の事情により特許権侵害を構成する場合の差止めの必要性」ジュリストNo.1482(2015年7月号)
  • 「欧州単一特許保護制度の歴史的考察」Law & Technology No.60(2013年7月号)
  • "Study on Requirements for Claiming Damages Based on Lost Profits" AIPPI International Edition Vo.38 No.4, July 2013 (Co-author)
  • "Indirect Infringement of Patent for Combination of Drugs" AIPPI International Edition Vo.38 No.3, May 2013
  • "Efforts To Establish Clear Standards For Exhaustion In Japan" Washington Journal of Law, Technology & Arts, Volume 7, Issue 4, Spring 2012 (Co-author)
  • 「米国特許訴訟Q&A150問」(分担執筆)AIPPI Japan(2011年6月)
  • 「特許権に基づく差止請求権制限の立法論的考察」(共著)NBL No.939(2010年10月号)