弁護士・弁理士紹介

小林純子

経歴

1971年 国家公務員試験上級甲種合格
1972年 埼玉大学理工学部卒業
1972年-1974年 埼玉大学理工学部応用化学科技官
1974年-1986年 特許庁審査官・審判官
(うち1981年-1983年 通産省工業技術院総務部技術調査課出向)
1986年 弁理士登録
1986年-1987年 欧米・アジア・アフリカ知的財産権事務所視察/知的財産部向け講義旅行
1987年-1988年 角田内外国特許事務所勤務
1988年-1991年 浅村内外特許事務所勤務
1991年-1992年 Pennie & Edmonds, New York勤務
1992年 阿部・井窪・片山法律事務所参加
2004年 特定侵害訴訟代理業務付記弁理士登録
2006年-2008年 工業所有権審議会試験委員(弁理士試験委員)

所属団体等

  • 日本弁理士会
  • 日本知的財産仲裁センター運営委員
  • 国際ライセンス協会(LESI)の会員委員会の議長
  • AIPPI
  • AIPLA
  • 日本仲裁ADR法学会
  • 日本仲裁人協会
  • 日本国際商事仲裁協会の調停人

主な活動分野

知的財産権法の訴訟、契約、交渉、輸入差止め、特許出願関連業務において活動している。国内企業のみならず多くの米国、欧州、アジアの企業から依頼を受けて、いくつかの大きな特許侵害訴訟を含め種々の特許訴訟に携わっている。大きな特許侵害訴訟にはバイオテクノロジー、半導体製造装置の特許に関するものが含まれる。また、これらに関連して必要に応じ特許無効審判の手続を行っている。

国内外の企業に対し、有効な特許権の取得に助言、協力し、特許権の技術的範囲の解釈に関して助言している。特に、海外の企業に対し、英文レターだけでなく、国際電話、海外での外国企業担当者や現地代理人等との面談によるきめ細やかなコミュニケーションを保つことにより効率的で密度の高い仕事を心がけている。

特許庁審査官、審判官の経験を生かし、特許出願手続の有効な進め方について助言、審査官面接などの協力を行っている。さらに、裁判外の紛争解決手段についても関心があり、日本知的財産仲裁センターを含むいくつかの関係団体で活躍している。