執筆・講演

実務 審決取消訴訟入門〔第2版〕
実務 審決取消訴訟入門〔第2版〕

著者等

【編集】

片山英二

【分担執筆】

北原潤一 小林浩 小林純子
本多広和 服部誠 広瀬史乃
江幡奈歩 日野真美 古橋伸茂
鈴木康仁 加藤志麻子 黒川恵
岡本尚美 中村閑 井口司
潮太郎

目次

第1章 審決取消訴訟の手続
  1 審決取消訴訟とは何か、その種類等
2 当事者、代理人等
3 審理の対象、審理範囲
4 訴状、取消事由
5 答弁書、準備書面、証拠の申し出
6 審理方式(弁論準備手続・口頭弁論)、主張・立証責任、証拠調べ
7 判決の内容、効力 
   
第2章 特許審決取消訴訟のアドバイス〔総論〕
  1 提訴、応訴のための準備
2 審決取消訴訟の実務におけるコミュニケーション
3 外国との連携
4 審判との関係
5 侵害訴訟との関係および侵害訴訟の代理人との連携
   
第3章 特許審決取消訴訟のアドバイス〔各論〕
  1 取消事由の検討
2 新規性・拡大された範囲の先願
3 進歩性の判断
4 特許法36条の判断
5 補正および訂正の適法性の判断
6 優先権の主張の効果についての判断
7 手続法違反
8 特許権の存続期間延長登録可否の判断
   
第4章 その他の審決取消訴訟のアドバイス
  1 その他の審決取消訴訟の種類
2 意匠の審決取消訴訟
3 商標の審決取消訴訟
   
第5章 上訴・再審
  1 審決取消訴訟の判決に対する上訴
2 上告理由・上告受理申立理由と理由書起案の際の留意点
3 上訴の戦略・判断
4 上訴の手続き
5 最高裁の審理・判決
6 差戻し後の審理
7 再審
   
第6章 元裁判官からみたアドバイス
  1 裁判所における審決取消訴訟の位置づけ
2 審決取消訴訟における審理の特色
3 好ましい審決取消訴訟遂行とは
   
第7章 元調査官からみたアドバイス
  1 審決取消訴訟における裁判所調査官の役割
2 審決取消訴訟についての具体的アドバイス
   
〔索引〕  
  1 事項索引
2 判決言渡日順判例索引

詳細

発行 民事法研究会
編・著者名 阿部・井窪・片山法律事務所 編
税込定価 3,240円(税込)
発行日 2014年04月26日
ページ数 323ページ
ISBN:9784896289381

参考リンク

書籍詳細(民事法研究会WEBサイト)